腰痛の種類

こんにちは!

肩こり・腰痛・姿勢改善専門
パーソナルトレーナー寺井亮太です。
 
今回は腰痛についてお話ししたいと思います。腰痛でお悩みの方は多いと思いますが、様々な種類がある事をご存知ですか?
 
どんな種類があるのか代表的なものを上げていきたいと思います。

腰痛の種類

  1. 腰椎椎間板ヘルニア 
  2. ぎっくり腰 
  3. 変形性腰椎症
  4. 坐骨神経痛
  5. 脊柱管狭窄症 

腰痛といっても種類は様々で、それに伴いトレーニングの指導内容は異なります。

今回はこの5種類の腰痛を簡単に解説していきますが、
その前に腰の構造を説明致します。

腰の構造

腰の背骨を腰椎と言います。

腰椎は積み木の様に5個の骨が縦に積まれています。

腰椎
腰椎

1. 腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が変形しずれてしまい、

脊髄に触れて痛みが起きてしまう事を腰椎椎間板ヘルニアといいます。

一般的に負担が大きい場所は4番目、5番目と言われています。

理由は背骨の根元の部分にあたるので負荷が大きいですし、上半身の体重を支えている場所であるからです。
椎間板
椎間板

椎間板を赤枠で囲みました。

椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア

青枠で囲った椎間板が変形しずれて、脊髄に触れて痛みが起きてしまいます。

2. ぎっくり腰

ぎっくり腰は腰椎の捻挫のことをいいます。

腰椎 関節
腰椎 関節

赤枠で囲った場所が、

椎間板であると同時に関節でもあります。
スポーツなどの急激な負荷がかかると捻挫を起こすことがあります。
また、
腰回りの筋肉が硬くなると関節も硬くなってしまう為、前屈みから体を起こすだけでもぎっくり腰になる可能性があります。

3. 変形性腰椎症

変形性腰椎症は、

加齢と共に椎間板が潰れてしまったり、変形してしまうことをいいます。
変形性腰椎症
変形性腰椎症

椎間板はクッションの役割を果たしていますが、

潰れてしまうことで、その役割を果たすことが出来なくなり骨と骨が接触してしまいます。
その影響で腰・お尻など広範囲に痛みが起きることがあります。

4. 坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、仙骨から出ている神経(坐骨神経)が圧迫されるなどの刺激を受けると、

腰・お尻・太もも・ふくらはぎ・足先までビリっと電気が走る痛みが起きます。

坐骨神経 前面
坐骨神経 前面
坐骨神経 前面
坐骨神経 前面
坐骨神経 後面
坐骨神経 後面

坐骨神経を角度を変えて載せてみました。

坐骨神経は指先まで伸びている長い神経です。

お尻から足先のどこかが痺れていると坐骨神経の可能性があります。

5. 脊椎管狭窄症

背骨に神経などが通る為にトンネルがあります。

そのトンネルが脊椎管です。

背骨が歪んでしまうと神経が通うトンネルが蛇行し狭くなってしまう事を脊椎管狭窄症と言います。

脊柱管
脊柱管

まとめ

以上、腰痛の代表格を紹介してみました。

まずは、整形外科に行ってレントゲンなど検査を受けてみて下さい。

診断を受けてから私に相談して下さい。

お客様の姿勢や日常生活をどの様に過ごされているのをカウンセリングさせて頂きます。

その後に適切なトレーニングを指導致します。